長期金利とは?

長期金利とは、1年を超える預金や債権などに適用される金利のことです。

日本における代表的な金利として国債の金利がありますが、これは残存期間が10年くらいあります。

長期金利というものは知っていたけど、具体的にどういう影響があるものなのか知らないという人はたくさんいます。

しかし実際には、生活の部分に大きく関わってくるものなので、しっかり勉強しておきましょう。

長期金利が上昇すると、さまざまなことに影響が出ます。

銀行の貸出金利が高くなるため、企業は資金を借りづらくなります。

これにより、企業活動の活性化が妨げられてしまい、資金の流れが悪くなってしまうのです。

個人の場合も、住宅ローンの借入がしづらくなるので、消費減退につながってしまいます。

長期金利が上昇すると、国債価格は下落してしまい、債権に人気がシフトします。

これによって株価が相対的に下がってしまうのです。

先ほど書いた企業活動が妨げられるということも含めて、どんどん株価が下がってしまいます。

さらに国の債務残高が増えてしまうということも起こるため、基本的に悪いことばかりという印象があります。

しかし長期金利の上昇は、悪いことばかりではありません。

個人向け国債は変動金利なので、長期金利が上昇することによって、受取金利が良くなるということもあるのです。

メリットに比べてデメリットが大きいという特徴がありますが、長期金利はこのように多くの分野に影響を与えてしまうものなのです。