化粧品の防腐剤って?

化粧品には、防腐剤が含まれていることがあります。

防腐剤はその名前の通り、商品が腐らないようにするために配合されているものですが、化粧品の多くにはこの防腐剤が含まれているのです。

化粧品には消費期限が記載されていることも多いのですが、これは法律で定められているからなのです。

中には消費期限が表示されていない商品もありますが、未開封ですと3年以上、そして開封をした後でも1年は質が変わらないものについては消費期限を表示しなくて良いことになっています。

ですから、長い間質が変わらないようにするために含まれているのが防腐剤なのです。

質が変わらないために含まれているものであれば、安心できるのではないかと思うかもしれませんが、残念ながらアレルギーを引き起こす可能性があるもの、体への悪影響が考えられるものもあるのです。

パラベンという防腐剤は環境ホルモンの作用があると言われているものですから、パラベンが含まれている化粧品は避けた方が良いですね。

今はきちんとパラベンが含まれていないということを記載している化粧品もありますので、そういった点から選ぶことも大切でしょう。

フェノキシエタノールも防腐剤の1つですが、活性酸素を発生させる作用があると言われているものになります。

活性酸素というのはお肌にとって良い影響は与えませんよね。

老化を促進する作用をもたらしてしまうものですから、フェノキシエタノールもなるべくであれば含まれていない化粧品をおすすめいたします。