デンタルローンはパート主婦や学生でも借りれる?ホワイトニング、インプラント、歯科治療などに使えるデンタルローンの審査の流れや借入のリスクをご紹介します。

抜け歯が気になりインプラント治療を行おうとする

デンタルローン審査通りやすい銀行は?パート主婦や学生OK【審査落ちしないコツ】
■HOME >> 抜け歯が気になりインプラント治療を行おうとする

抜け歯が気になりインプラント治療を行おうとする

抜け歯が気になりインプラント治療を行おうとすると高額な費用が用意出来ないとためらう方が多いようです。

実は、カード会社や金融機関が取扱いをしているデンタルローンは専業主婦の方でも利用できます。

ただ、主婦の方名義で借りる場合には、収入のある旦那さんなどの方が保証人になる必要が出てきます。

また、銀行の利用目的フリーのローンとは違い、歯科治療に限定されているので金利手数料がカードローンと比べて低く設定されており、毎月の返済額を事前にシミュレートして決めることができるので、余裕ができます。

なので高額な治療を諦めることなく受けられますよ。

歯科治療専門ローンという制度を知っていますか?どういったものかというとカード会社が患者に代わって病院に治療費を立替をして、ローン利用者は取扱会社に治療費+手数料を中長期的に分割で支払う立替払い契約のことです。

マイカーローンなどを想像してもらうとイメージしやすいと思います。

そのため、デンタルローンを契約するには、他のローンなどと同様に申し込み内容に対して返済に問題ないかなど返済能力は問題ないか「審査」に通過する必要があります。

審査に通りやすいのは奨学金などのローンの返済や携帯電話料金支払いの延滞がない人が多いです。

デンタルローンや住宅ローンなどの各種ローンを組む際に無事に審査が通るか、落ちることはないかと不安に思ってしまいますよね。

では、審査に通りやすいのはどんな人でしょうか。

それは、勤続年数が1年以上で収入が安定している正社員の方です。

収入が安定していて継続しているということは問題なく返済されるだろうと判断されるからです。

では、落ちる人はなぜ落ちてしまうのでしょうか。

それは過去に公共料金などの支払いを延滞した方です。

特に若い人は携帯料金などで口座残高が不足していて引き落としができなかったことです。

滞納に気づいてすぐに解決したのなら良いのですが2ヶ月、3ヶ月と連続していると落ちやすいようです。

「自営業でもデンタルローンは組めるの?」ネットの質問サイトを見ていたらこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば借りることができます。

では、なぜそう思ってしまったのでしょうか。

その理由の一つとして、デンタルローン は歯科治療を目的にした融資なので自分の事業など他の目的には利用できなく事業用ローンと混同してしまっているためです。

そのほかに、審査時に重要視される「安定した収入」の部分が自営業の場合、毎月の仕事量が違うためばらつきが出てしまう、開業してから数年以内など営業期間が短いと「安定した」と見られにくいこと、一定以上の収入を得ていると審査時に公的証明を求められることがあり面倒に感じることが挙げられます。

時に、高額な治療費のかかる歯科治療ですが、治したいのに治療費が高額で治せないという話を聞きます。

そんな方は、イオン銀行で取り扱っているデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

借り入れ金額は最低30万円からと他社のローンが最低借り入れ金額が高めに設定されています。

他の面で違いを図っており、他のローンに比べて最低金利が3.8%からと低めに設定されているので、高額な借り入れになるほど有効そうですね。

歯医者での見積もりに合わせて、利用するローンを決める参考にしていただけたらと思います。

デンタルローンの利用を考えているときに歯科医院でもデンタルローンを勧められ、実際に検索してみたところ数が多くて自分にとってどのローンを選ぶとわかりにくいですよね。

最初に見るのは金融機関ごとに設定の違う手数料・限度額です。

限度額は最低10万円から最高で700万円という機関もあれば30万円から500万円まで貸付可能という機関もあります。

そのため、治療費見積もりが20万円のところこちらの方が金利がいいからと最低30万円からのローンを借りることはできないです。

返済計画を立てる上で申し込み前に各機関のHPに設置されている返済シミュレーションを申し込み前に行って月々の返済額を確認しましょう。

口が大きく開けられなくなってきたなどの症状で悩んでいる方が若い人に増えているそうです。

実は顎関節症の典型的な症状なんです。

顎関節症は生活習慣病に近い部分も大きいので、治療時に気をつけなければいけないのが自宅で行うセルフケアです。

例えばですが、片側だけで食事をすることなどです。

それによって症状、痛みが改善されることがあります。

また、歯列矯正で改善されることがあります。

噛み合わせを治す場合、治療費用が高額になることもあるため、銀行機関などが取り扱っているデンタルローンを利用することをお勧めします。

ローンは各会社ごとにいくらから借り入れできるのかや金利が違ってくるので調べるようにしましょう。

運動をする際に歯並びが悪いと、顔の筋肉のバランス、力が逃げてしまい、運動能力が発揮できないと言われています。

子供がスポーツをやっている親としては自分の子供は大丈夫なのか気になりますよね。

歯並びを改善させるためにデンタルローンを利用して理想的なバランスにして全力のパフォーマンスを発揮させてあげましょう。

では、どういったローンがあるのでしょう。

一例として、オリコの場合では借入できる金額は10万円から500万円、6から60回の分割払いに設定できます。

ウェブで申し込み・審査が完結し、審査時間も最短3分とすぐに結果がわかるようになっています。

自分にあったデンタルローン探しの参考にしてください。

周りの人で歯が抜けてしまった人はいませんか。

例えば、歯が抜けてしまった場合、ブリッジにするのかインプラントに悩みますよね。

代表的な2つの治療法についてどんな違い、メリットがあるのか調べてみました。

抜け歯治療の代表的な方法としてブリッジがあります。

失った歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように義歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

再治療やメンテナンスが簡単な方法です。

条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯を削らず影響がないインプラントにするか悩みますね。

高額な費用を気にするという方はデンタルローンを活用してみてください。

人にはいっていないけど歯並びが気になる、という方は多いようです。

歯並びの悪さは、虫歯や歯周病に繋がったり、頭蓋骨のバランスが偏り、そのバランスの偏りを取り戻そうとして最終的に体全体に負担がかかることがあります。

デンタルローンを活用して改善させませんか?歯並びが改善されることで、左右均等に噛めるようになり筋肉のバランスも改善されるので顔の歪みも解消されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスも良好になり、肩こりやめまい、頭痛といった症状が良くなることもあります。

この機会に歯列矯正を検討してみてはいかがでしょう。

メニュー