デンタルローンはパート主婦や学生でも借りれる?ホワイトニング、インプラント、歯科治療などに使えるデンタルローンの審査の流れや借入のリスクをご紹介します。

抜け歯治療でインプラント治療をした

デンタルローン審査通りやすい銀行は?パート主婦や学生OK【審査落ちしないコツ】
■HOME >> 抜け歯治療でインプラント治療をした

抜け歯治療でインプラント治療をした

抜け歯治療でインプラント治療をしたい、でも、高額な治療費を準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンの活用を提案されることがあります。

審査なしで利用できるローンはなく必ず審査があります。

では、審査基準はどういったところを見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が申し込みをしても通らず、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、返済の遅延を繰り返していたり債務整理をしているなど、いわゆるブラックリストに載っていないかを確認されます。

また、審査結果によっては収入が足りないなどの場合、保証人が必要になることもあります。

スポーツをする際に?みあわせが悪いと、歯を食いしばった際に、筋肉のバランスが崩れるため、パフォーマンスが下がると言われています。

子供がスポーツをやっている親としては自分の子供は大丈夫なのか気になりますよね。

歯並びの治療には高額な費用がかかることが多いのでデンタルローンを利用して力が逃げないようにして100%のパフォーマンスを発揮させてあげましょう。

では、どういったローンがあるのでしょう。

例えばですが、オリコの場合では借入額は10万円から500万円、6から60回の分割支払いが選べます。

申し込みもネットで完結し、審査時間も最短3分となっています。

計画に合うデンタルローン探しの参考にしてください。

口が大きく開けられなくなってきたなどの症状で悩んでいる方が若い人に増えているそうです。

実は顎関節症の典型的な症状なんです。

顎関節症は生活習慣病的な部分も大きいため、治療時にメインで行うのは自宅で行うセルフケアという方法です。

例を挙げると、歯を食いしばらない、ガムを日常的に食べていたら止めるなどです。

場合によっては症状が良くなることがあります。

また、根本的な治療法として噛み合わせの矯正という方法もあります。

歯列矯正をする場合、治療費用が高額になることが多いので、銀行機関などが取り扱っているデンタルローンを利用することをお勧めします。

ローンを利用するは、いくらから利用できるのかや分割可能期間など各ローンによって違いがあるので調べるようにしましょう。

インプラントをはじめとした高額治療を受けようと思っても全額自己負担になる自費治療なので費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

歯科治療専門のデンタルローンを活用してみてはいかがでしょう。

また、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、税務署へ確定申告することで、治療費の一部が還付されるので領収書は大切に取っておきましょう。

もし、申告し忘れても、5年前までなら医療費控除をさかのぼって受けることができます。

このように、いろいろな制度を利用して費用負担軽減もできます。

場合によっては、高額な治療費のかかる歯科治療ですが、治したいのに治療費を用意できなくて治せないという話を聞きます。

イオン銀行が取り扱っているデンタルローンを利用してみてはいかがでしょう。

借り入れ金額は最低30万円からと他社のローンが最低借り入れ金額が高めに設定されています。

他の面で違いを図っており、他のローンに比べて最低金利が3.8%と低い数字になっているので、借入金額が高額になるほど有効そうですね。

歯科医院での見積もりに合わせて、利用するローンを検討する材料にしていただけたらと思います。

小さい頃から歯並びが悪くて周りからからかわれる、噛み合わせが悪くて虫歯になりやすいから治したいという方は多いはず。

でも歯列矯正の治療費って高額なイメージがして諦めている方、デンタルローンを検討してみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、使用できる範囲を「歯科治療費」に限定した立替払制度です。

カード会社などが患者に代わって治療費を立替払いし、申込者は取扱企業に治療費+金利を手数料を分割で支払うローン制度のことです。

また、歯科医院によって対応しているローンが違うので利用したいローンが決まっている場合は提携している歯科医院をHPでご確認ください。

歯列矯正って保険外治療になって高額な治療費がかかってしまうため治療しようという踏ん切りがつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそあるシステムを利用しましょう。

デンタルローンというシステムです。

歯列矯正治療を提案された時に必ず治療費がどれくらいかかるかの見積もりを出してもらえるので見積もりに対して借入額をどうするか、また、返済期間をどうするのかを各ローン会社のHPでシュミレーションをしましょう。

また、年間で治療費を10万円以上支払った場合には、確定申告時に還付申告をすることができますので忘れずにしましょう。

歯科医院でインプラント治療などの高額治療を提案されローンについて実際に調べてみたら、取扱数が多くてローンごとの違いがよくわからないですよね。

まず見ていただきたいのが金融機関ごとに違う手数料・借入限度額です。

限度額は最低10万円から最高で700万円という機関もあれば30万円から500万円までという機関もあります。

そのため、治療費見積もりが20万円のところ金利がいい30万円からのローンを借りることはできません。

また、申し込み前に各期間のHPに設置されていることの多い返済シミュレーションで毎月の返済額をチェックしましょう。

歯科医院に行って高額な治療費が必要になった時にみなさんはどのような支払い方法を考えますか?現金で用意が難しい場合クレジットカードを考えると思います。

歯科治療専門のローン、「デンタルローン」を使用しましょう。

その理由として、クレジットカードの分割手数料とデンタルローンの分割手数料の差が大きいからです。

例えばですが、三井住友VISAカードの分割払い手数料は分割回数により12.0%から14.75%となっていますが、銀行が取り扱っている低金利ローンの場合には半分程度となる5%程度の金利負担で借りられるんです。

加齢とともに気になってくるのが歯の悩みです。

もし自分の歯が抜けたらどう対処したらいいか悩みますよね。

でも他の治療方法と比べてどんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、抜けた歯があった部分の左右の健康な歯を土台にして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを固定し、ネジで顎の骨に固定して、その上に人工の歯を取り付けます。

条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がなく歯の寿命が長くなるインプラントにするか悩みますね。

費用面が大変という方はデンタルローンを検討してみてください。

メニュー