デンタルローンはパート主婦や学生でも借りれる?ホワイトニング、インプラント、歯科治療などに使えるデンタルローンの審査の流れや借入のリスクをご紹介します。

デンタルローンという言葉を聞いたことはありますか?

デンタルローン審査通りやすい銀行は?パート主婦や学生OK【審査落ちしないコツ】
■HOME >> デンタルローンという言葉を聞いたことはありますか?

デンタルローンという言葉を聞いたことはありますか?

デンタルローンという言葉を聞いたことはありますか?どういったものかというと取扱会社がローン利用者に代わって治療費を立替払いし、ローン利用者は取扱会社に治療費+手数料を分割で支払う立替払い契約のことです。

マイカーローンなどを想像してもらうとイメージしやすいと思います。

そのため、デンタルローンを組むには、他のローンなどと同様に申し込み内容に対して返済に問題ないかなどクレヒスや返済能力を「審査」する必要があります。

審査に通りやすいのは今まで利用してきたローンの返済や水道料金などの支払いに遅れがない人が多いようです。

実は歯並びが気になるなど歯に関する悩みを持っている方は多いようです。

歯並びが良くないと、歯みがきしにくい部分が出てきて虫歯や歯周病になりやすかったり、頭蓋骨のバランスが偏り、そのバランスの偏りをカバーしようとして知らず知らずのうちに体全体に負担がかかることがあります。

デンタルローンを活用して改善させませんか?歯並びがよくなることで、左右均等に噛めるようになり顔の筋肉のバランスがよくなるので顔の歪みが良くなります。

またその結果、頭蓋骨のバランスが良くなり、肩こりや偏頭痛などが軽減、解決することもあります。

この機会に歯列矯正を受けてみてはいかがでしょう。

場合によっては、高額な治療費のかかる歯科治療ですが、治したいのに治療費を用意できなくて治せないという話を聞きます。

イオン銀行のデンタルローンを活用してみてはいかがでしょう。

借り入れ金額は30万円からと他のローンが10万円以上から借り入れできるのに対して高額に設定されています。

金利面が他社と差別化されており最低金利が3.8%とだいぶ低めになっているので、高額な借り入れになるほど有効そうですね。

歯医者での見積もりに合わせて、利用するローンを考える際の材料にしていただけたらと思います。

突然ですが11月8日は何の記念日かご存知ですか?「いい(11)歯(8)並びの日」と制定されているそうです。

そこで、歯に関するランキングを調べてみたところ、「実は人に言えない歯の悩み」というランキングが出てきました。

やはりといいますか、歯並びに悩んでいる人は多いようです。

悩んでいる人が多いということは治したいと思っている人も多いはずです。

では、なぜ治療せずそのままになっているのでしょう。

高額な治療費が大きな理由の1つです。

歯列矯正は自費負担になるため、特に若い人は費用が準備しにくいようです。

そんな方はジャックスなどが取り扱っているデンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。

芸能人の歯って白くて綺麗ですよね。

実は、あの歯の綺麗さをホワイトニングや審美治療を行えばということは同じことをしたら皆さんにもあの白さが手に入るかもしれませんよ。

ホワイトニングは専用の薬剤を使用するため知覚過敏を起こしてしまったり半年毎に施術するなど定期的に行わなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の手法として最近、注目の審美治療があります。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法やセラミックでできた歯をかぶせる「セラミック」といった治療法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用が割高になるのでデンタルローンの利用をお考えください。

歯科医院でインプラント治療などの高額治療を提案されデンタルローンを勧められ、実際に検索してみたところ数が多くてどのローンを選べばいいのか判断がつかないですよね。

まず見ていただきたいのが金融機関ごとに違う手数料・借入限度額です。

限度額は最低10万円から借りられる機関もあれば30万円から500万円まで貸付可能という機関もあります。

なので例えば、治療費の見積もりが20万円なのにこちらの方が金利がいいからと最低30万円からのローンを借りることはできないです。

返済計画を立てる上で申し込み前に各機関のHPに設置されている返済シミュレーションを行っていくら借りると月々いくら返済になるかを確認しましょう。

自分または子供の歯並びが悪くて困っている方、デンタルローンを使ってみませんか。

デンタル「ローン」という響きからクレジットカード会社が取り扱っているイメージですが銀行でも取り扱っているんです。

例えばスルガ銀行の場合、最高限度額800万円まで借りられ、分割回数も120回まで選べます。

治療プランの参考になる事前調査がHPにあったりWebで契約が完結するので平日日中に働いている人でも銀行窓口に行かなくていいのは助かります。

歯並びにコンプレックスをお持ちの方は検討してみてください。

出っ歯なのが悩み、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目が気になるなど歯の悩みを持っている方もいます。

歯列矯正を行なってその悩みから解放されてみませんか?でも、高額な費用がかかりそうだしすぐには現金が用意出来ない場合、デンタルローンを利用して分割払いという方法もあります。

歯科医院で提案されてすぐに審査をするのは情報がうろ覚えでわからなかったり規約確認しておきたいしで少し抵抗がありませんか。

そんな場合、申し込む前に事前にHPで仮審査を行っておくのがおすすめです。

かかりつけの歯医者の提携している、または使いたいローンのサイトで事前審査に通過後、そのローンと提携している歯医者で再診し、正式申込になります。

デンタルローンや住宅ローンなどの各種ローンを申し込む際に審査に落ちることはないか考えてしまいますよね。

では、どういった特徴を持った人が審査に通りやすいのでしょうか。

それは、継続して安定した収入のある正社員の方です。

なぜかというと、収入が安定しているということは返済の見込みが立つからです。

では、落ちる人はなぜ落ちてしまうのでしょうか。

それは過去に公共料金などの支払いを延滞した方です。

特に若い人は携帯料金などで口座残高が不足していて引き落としができなかったことです。

引き落としされていないのに気づいてすぐに解決したのなら良いのですが連続で延滞や何回も繰り返していると落ちやすいようです。

ufjなど様々なカード会社が行なっているデンタルローンですがその内容について詳しい人は少ないと思います。

保険適用外の治療を歯医者に提案された際に、急に用意できない額を提示されてしまった。

そんな時に利用できるのがデンタルローンです。

大体のイメージとしては住宅ローンや自動車ローンと同じように歯科治療専用バージョンと思ってもらえばOKです。

クレジットカードの分割払いよりも低金利で利用できます。

クレジットカードでの支払いとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

金利や借入限度額など各企業で違うので条件にあったローンを選びましょう。

メニュー