デンタルローンはパート主婦や学生でも借りれる?ホワイトニング、インプラント、歯科治療などに使えるデンタルローンの審査の流れや借入のリスクをご紹介します。

小さい頃から歯並びが悪くて人前で笑えない、噛み

デンタルローン審査通りやすい銀行は?パート主婦や学生OK【審査落ちしないコツ】
■HOME >> 小さい頃から歯並びが悪くて人前で笑えない、噛み

小さい頃から歯並びが悪くて人前で笑えない、噛み

小さい頃から歯並びが悪くて人前で笑えない、噛み合わせが悪くて顎が痛くなってきたなどの症状が出てきた方は多いはず。

でも歯列矯正について歯医者で聞いたら高額で自分には費用が用意できないと諦めている方、デンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、利用目的を歯医者での治療のみに限定した立替払制度です。

クレジットカード会社が患者に代わって治療費を立替払いし、患者はカード会社などに治療費+中長期にわたって分割で支払うローン契約のことです。

また、ローンを利用する際はローンに対応している歯科医院と対応していない場合がありますのでご確認ください。

インプラントや歯並びを矯正しようと考えても全額自己負担になる自費治療なので費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

デンタルローンの利用を検討してみてはいかがでしょう。

また、1年間の医療費として10万円以上支払った場合は、確定申告の際に控除申請することで、治療費の一部が返ってくるので領収書は取っておきましょう。

もし、申告を忘れてしまっても、5年前までであればさかのぼって医療費控除を受けることができます。

このように、さまざまな制度を活用してなるべく費用負担を軽減することもできます。

歯科治療専門ローンという制度を知っていますか?どういったものかというと金融機関が患者に代わって病院に治療費を立替払いし、ローン利用者は取扱会社に治療費+手数料を分割で支払うローン制度のことです。

仕組みとしては、住宅ローンなどをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そのため、デンタルローンを契約するには、他のローンなどと同様に申し込み内容が問題ないか返済能力は問題ないか「審査」に通過する必要があります。

審査に通りやすいのは今まで利用してきたローンの返済や携帯電話料金支払いの延滞がない人が多いです。

歯並びが良くない、噛み合わせが良くないとさまざまな弊害が起こります。

例を挙げると顔の歪みや、歯磨きしにくくなった結果、虫歯や歯周病につながりやすくなります。

また、噛み合わせはスポーツのパフォーマンスが十分に発揮できるかにも関わってきます。

陸上競技のクラウチングスタートを例にすると虫歯だと食いしばって姿勢を固定する時や、スタート直後の地面を強く蹴る時には力を十分に伝えたり体から力を逃さないようにしています。

噛み合わせと運動能力は密接に関わってきます。

デンタルローンを利用して矯正してはいかがでしょうかその際は、月々の返済金額に無理がないか必ず確認しましょう。

歯の治療に行って高額な費用になる治療を受けたい時にみなさんはどのような方法で支払いますか?現金で用意が難しい場合クレジットカードを考えると思います。

歯科治療専門のローン、「デンタルローン」を使用しましょう。

というのも、クレジットカードの分割払いとデンタルローンの金利の差が大きいからです。

三井住友VISAカードの場合、分割払いじにかかる手数料は12.0%から14.75%と手数料が多いですが、銀行系のデンタルローンを組んだ場合には半分程度となる5%程度の金利負担で借りられるんです。

芸能人の歯って白くて綺麗で印象に残りますよね。

実は、あの歯の綺麗さをホワイトニングや審美治療を行えばあの白さが手に入るかもしれませんよ。

ホワイトニングは歯を削る必要がないというメリットがありますが定期的に施術しなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の方法として注目されているのが審美治療です。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法やセラミックでできた歯をかぶせる「セラミック」といった方法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用が高いのでデンタルローンの利用をお勧めします。

顎が痛む・口が大きく開けられない、そんな症状でお悩みの方が若い人に増えているそうです。

実は顎関節症の典型的な症状なんです。

顎関節症は生活習慣病的な側面も大きいため、治療する際メインになるのは自宅で行うセルフケアです。

一例として、片側だけで食事をしないようにするなどがあります。

それによって状態が改善されることもあります。

また、根本的な治療法として噛み合わせの矯正という方法もあります。

噛み合わせの治療をする場合、治療費用が高額になりやすいので信販会社や金融機関が取り扱っているデンタルローンの利用もご検討ください。

その際は、いくらから借り入れできるのかなど条件を調べるようにしましょう。

インプラント治療や歯列矯正を行おうとすると高額な費用が用意出来ないとためらう方が多いようです。

実は、ほとんどの信販会社、金融機関では専業主婦の方でも、デンタルローンの利用ができます。

ただ、主婦の方ご自身名義で借りる場合には、収入のある旦那さんなどの方が保証人になる必要が出てきます。

また、銀行の利用目的フリーのローンとは違い、利用は歯科治療にのみ限られているので手数料が低い数字にされていることが多く、返済回数や借りる金額を事前にシミュレートして決めることができるので、余裕ができます。

なので高額な治療を諦めることなく受けられますよ。

歯が抜けてしまってインプラント治療を提案された、でも、高額な治療費が必要と言われてもすぐには準備できない。

という時に歯科医院でデンタルローンの利用を提案されることがあります。

他のローンと同様に審査なしというものはなく必ず審査が必要です。

では、審査基準はどういったところを見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方がローンを利用としても法律上、親名義で申し込む、もしくは親権者の承諾が必要になります。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、いわゆるブラックリストに入っていないかを見られます。

また、審査結果によっては収入が足りないなどの場合、保証人が必要になることもあります。

皆さんは歯科医院を選ぶ時にどういった基準で選びますか?実は、歯科医院ってコンビニよりも多いんです。

なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に見ているのが口コミサイトです。

医院の設備はどういったものがあるか、先生はどんな人なのか初めて行く場合にはとても参考になります。

別の選び方としては、受けたい治療方法によって選ぶのもありますね。

一例を挙げると、高額な治療費が必要なインプラント治療を考えている場合では、治療に行く前に先に利用したいデンタルローンを見つけて決めて、そのローンと提携しているところを探すなどです。

メニュー