食べ物による口臭対策は?

口臭には生理的な口臭と病的な口臭があります。

病的な口臭は原因となる疾病を治療する事で対策をおこなえます。

一方、生理的な口臭は“食べ物”を原因とする口臭のため、どのようなものを食べても基本的に口臭の原因となってしまいます。

そこで口臭の原因となる食べ物と口臭対策について少々ご紹介しましょう。

〈口臭の原因になる食べ物〉口臭の原因になる食べ物は“ニンニク”、“ネギ”、“納豆”など基本的に素材や食品そのものが臭うという特徴を持っています。

さて、このような口臭の原因となる食品を食べた事で強くなる口臭には“確実な口臭対策が無い”というのが実情です。

食べ物による口臭は食べ物の摂取後半日以上は臭います。

歯磨きも一時的な効果でしかなく、ブレスケア商品も一時的な効果であり根本的な解決にはなりません。

匂いの強い食品を食べた事で起きる口臭対策は食べ過ぎない事が最も重要な対策と言えるでしょう。

〈口臭を消す食べ物〉口臭の原因となる食べ物があるのに対して、口臭を消す効果を持った食品もあります。

“梅”や“レモン”は口臭を消す食べ物は殺菌効果をもつクエン酸を含んでいます。

また、“ガム”や“飴”など唾液の分泌を促す効果を持っています。