萌えゲーって何?

ここ数年、急速にジャンルを拡大させているのが「萌えゲー」です。

これは文字通り「萌える」ゲームのことで、主に美少女キャラクターが登場するゲームに関して使われる言葉となっています。

かつて、この萌えゲーはほとんどがアダルトゲームで占められていました。

しかし、ゲーム層の拡大や萌えという概念が広く認知されるようになったことで、家庭用ゲーム機にも萌えゲーが続々登場するようになりました。

この「萌えゲー」の最大の特徴は「ジャンルを問わない」点にあります。

以前は美少女キャラクターの絵柄がカギを握るアドベンチャーゲームが多くを占めていましたが、最近ではグラフィック能力の向上によりアクションゲームやシューティングゲームにも「萌えキャラ」が登場するようになりました。

また、ストーリー性やキャラクター性を前面に押し出すことで、萌えゲーとしての魅力をアピールするRPGやシミュレーションゲームも登場するようになっています。

もうひとつ、萌えゲーの大きなポイントとなるのは「ゲームとしての完成度が問われないことがある」ことです。

まず萌えるキャラクターがいるかどうかが最大のポイントとなっており、ゲームの面白さは二の次となっているケースも少なくないのです。

有名な漫画家やイラストレーターがキャラクターデザインを担当するだけで、萌えゲーとして評価されているものもあります。

このように、萌えゲーは非常に複雑かつ多彩な要素を持っているジャンルなのです。

今後もさまざまな形で萌えゲーが登場していくことでしょう。