ニキビの民間療法って?

ニキビの治療方法はいろいろあります。

自宅でホームケアをしてもニキビを治す事も出来ますし、皮膚科などのクリニックで抗生物質などを用いてニキビを治療する事もできます。

また、漢方などの民間療法でもニキビを治療する事ができます。

どの治療方法が良いかは本人の希望もあれば、ニキビの状態によっても変わりますが、ニキビがたくさん出来ていて原因が何か良く分からないという場合には、病院や漢方などを試してみる事をおススメします。

民間療法によるニキビ治療には、漢方薬を使ったり、皮脂分泌を抑えることが出来たりストレス解消できるツボを刺激するなどの鍼灸治療などがあげられますが、体内から摂取する事ができる漢方治療は大きな効果があるといわれています。

ニキビ改善のためにもちいられる漢方にはいろいろな種類があります。

・葛根湯(かっこんとう) ニキビの赤みやカユミが強い場合に処方されます。

・加味逍遥散(かみしょうようさん) ホルモンバランスが崩れていたり、自律神経が崩れている場合などに効果があるといわれています。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 血行不良を改善します。

・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう) 肌の血色が良く、ニキビが出来ている方に大きな効果があるといわれています。

・桃核承気湯(とうがくじょうきとう) ホルモンバランスが崩れていたり、便秘がちな状態を改善します。

・当帰建中湯(とうきけんちゅうとう) 血色が悪い方がニキビで悩んでいる場合に大きな効果があるといわれています。