柔道整復師資格取得方法

ほねつぎや整骨師などを名乗る方が整骨院などに存在しています。

正式名称は柔道整復師といいます。

日本古来の医術としても有名で、伝統的な治療術の一つとしてあげられています。

ねんざや脱臼・骨折などの応急処置を行う場所でもあり、整形外科での良くならなかった症状を柔道整復師のマッサージで解消することができたなどという方も多いようです。

この柔道整復師の資格は厚生労働省が管轄する国家資格です。

高等学校卒業と同等の学力を有する方が、3年以上柔道整復師養成施設で勉強をし卒業した方(年度末で卒業見込みも含む)が受験対象となります。

柔道整復師になるには、高等学校卒業後に3年制以上の柔道整復師養成学校に入学して勉強をする事によって受験資格が与えられます。

柔道整復師専門学校は全国に点在しており、通いやすい地域の学校に入学して実技の実習や基礎医学に関する勉強を行います。

また柔道の勉強を行う事でも知られています。

外部の接骨院などで臨床実習なども行うことができる柔道整復師専門学校を選ぶようにするとよいでしょう。

柔道整復師の資格を取得すると、接骨院などで働くことができます。

またスポーツ医学に関する勉強などを合わせて行うことで、スポーツトレーナーなどの資格を取得できるなどの視野が広がります。

また老人医療現場や整形外科、リハビリ関係でマッサージなどに携わる方も多くいます。

柔道整復師の資格は今後も多くの方に求められる資格となるでしょう。