歯科治療でデンタルローンの利用を考えていてローンがいいですよと言われ、実際に調べると様々な期間の情報が出てきてローンごとの違いがよくわからないですよね。

最初に見るのは金融機関ごとに設定の違う手数料・限度額です。

借入限度額は10万円から700万円という機関もあれば30万円から500万円まで貸付可能という機関もあります。

一例を挙げると治療費の見積もりが20万円なのに最低30万円からのローンを借りることはできません。

また、ローンの審査申し込みをする前に返済シミュレーションを申し込み前に行って月々の返済額を確認しましょう。

歯医者に行って高額な治療費が発生した時にみなさんはどのように支払いをしますか?現金で用意が難しい場合クレジットカードを考えると思います。

歯科治療専門のローン、「デンタルローン」を使用しましょう。

その理由として、クレジットカードの分割手数料とデンタルローンの金利の差が大きいからです。

例えばですが、三井住友VISAカードの分割払い手数料は12.0%から14.75%となっていますが、銀行系で扱っているローンを利用した場合、約5%程度と半分程度の金利負担で借りることができます。

テレビを見ていて芸能人の歯って白くて綺麗だと思いますよね。

実は、あの歯の綺麗さをホワイトニングや審美治療を行えばみなさんの口元に手にすることができるかもしれませんよ。

専用の薬剤で白くする「ホワイトニング」は歯への負担が少ない一方、半年毎に施術するなど定期的に行わなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の方法として注目されているのが審美治療です。

「ラミネートベニア」と呼ばれる歯の表面を削って付け爪のような薄い素材を貼り付ける方法やセラミックでできた歯をかぶせる「セラミック」といった方法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用が高いのでデンタルローンの利用をお勧めします。

噛み合わせが悪いと色々な弊害につながります。

顔の歪みに繋がったり、虫歯や歯周病につながりやすくなります。

また、噛み合わせの良さはスポーツのパフォーマンスにも関わってきます。

短距離走のクラウチングスタートを例にすると走る時の理想的な姿勢を保つために歯を食いしばって体を固定したり、スタート直後の加速時に地面を強く蹴る時に体のブレや力を逃さないようにしています。

このように噛み合わせや虫歯と運動能力は密接に関わってきます。

デンタルローンを利用して矯正してはいかがでしょうかその際は、毎月の返済金額に無理が生じていないか絶対に確認しましょう。

デンタルローンやマイカーローンをはじめとした利用条件を設定しているローンは審査がキツイと友達から聞いたことあるけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問を見かけることがあります。

ローン審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①職業や安定した収入があるか ②年齢 ③クレカを止められたり金融事故を起こしていないかの3点が特に重要とされているようです。

もし申込み時点で未成年の場合は、成人している親などの名義で申し込む必要が出てきます。

また、借入する人が計画的に返済できる能力があるのか過去のローンや携帯料金について計画的に支払いできていたかを確認されます。

原因不明の頭痛や肩こりで困っている方。

もしかしたら、原因は噛み合わせが悪いからかもしれないです。

症状を調べて歯医者に行ってみたら治すのに思っていた以上に高額な費用がかかることがわかって躊躇してしまう、その理由として、パートの自分にはすぐに費用が用意できないということがあります。

では、パートの方も利用できるデンタルローンを探して利用してみるのはどうでしょうか。

ただ、ローンを申し込む際には、「安定した収入」があるかを見て返済能力があるのかを確認するので非正規雇用というのは審査時に不利に見られることがあります。

より審査に通る可能性を上げるならば、「安定した収入」のある親や旦那さん、奥様名義で申込んだ方が審査に通りやすいようです。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが一言にローンといってもさまざまな書類があってどんな違いがあるのかわからないですよね。

大きく分類すると個人向けローンと事業ローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、企業や事業主、個人経営者への資金調達などで使うローンです。

取り扱い期間によっては、法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンの中には、CMとかでも見かけるカードローンや歯科治療専門のデンタルローンなど使い道を用途を決めたローンがあります。

デンタルローンなどの条件のあるローンの場合、カードローンに比べて金利が低い数字に設定されていることが多いです。

実は歯並びや噛み合わせが気になる、という方は多いようです。

噛み合わせが悪いままだと、虫歯や歯周病になりやすかったり、片方で噛むため頭蓋骨のバランスが悪化し、悪化したバランスをカバーしようとして知らず知らずのうちに体全体に負担がかかることがあります。

デンタルローンを活用して改善させませんか?歯並びがよくなることで、左右どちらかに偏ることなく均等に噛めるようになり筋肉のバランスもよくなるので顔の歪みが改善されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスも改善され、肩こりやめまい、頭痛が軽減、解消されることもあります。

この機会に歯列矯正を考えてみてはいかがでしょう。

歯並びの治療って高額な治療費がかかってしまうため治療しようという決心がつきにくいですよね。

費用が高額になるからこそ用意されているシステムを利用しましょう。

それがデンタルローンです。

歯列矯正を勧められた時にいくら治療費が必要かの見積もりを出されるのでその見積もりに対していくら借入するか、また、分割支払い期間をどうするのかを決めたら各ローン会社のホームページでシュミレーションをしましょう。

また、年間の治療費が10万円以上になった場合には、確定申告で医療費控除を申告できるので覚えておきましょう。

歯の健康寿命を考えてインプラント治療を受けようとしたときに高額な費用が必要と聞き躊躇する方が多いようです。

実は、ほとんどのカード会社、金融機関では専業主婦の方でも、デンタルローンの利用ができるようになっています。

ただ、主婦の方名義で借りる場合には、収入のある旦那さんなどの方が保証人になる必要が出てきます。

また、銀行の利用目的を制限しないフリーローンとは違い、歯科治療にのみ利用制限されているので金利が低く設定されていることが多く、返済回数、借入額を自分で決めることができるので、支払いに余裕ができます。

なので高額な治療費を用意出来ないからと諦めることなく受けられますよ。

関連ページ